主任司祭の紹介

マルコ・ターディフ神父

ようこそ大船教会へ

 

誰もが幸せになりたいと考えるでしょう。でも多くの人は、幸せになれるかどうかはその人の運に左右されると思っています。そして、それが人生だと思っています。

 

ですが、そう思いながらも、様々なことを問いかけます;

人生の意味とはなんですか。どう生きたらいいですか。どうしてこんなに苦しまなければならないですか。本物の愛は見つけられますか。人間は死んだらどうなりますか。

 

主なる神は人間を救うためにキリストを遣わされました。キリストはすべての人の心を照らして、問いかけに答えて、本当の幸せに導くために来られました。カトリック教会はキリストの恵みをできるだけ多くの人と分かち合おうとしています。

 

どうぞご遠慮なく教会に立ち寄って下さい。教会は昼間はいつでも開いています。ひとやすみやひと時のお祈りにどうぞ。キリスト教を学ぶ機会も用意しています。

 

経歴

マルコ・ターディフ(Mark Tardiff)

1954年 米国ミシガン州デトロイト市に生まれる。8人兄弟の三男で、にぎやかな家庭で育って今は甥と姪が26人いる。
1980年 宣教師としてカトリック司祭に叙階される。
1987年 初めて日本に来る。2年間の勉強を経て神奈川県の厚木教会、兵庫県の加古川教会、佐賀県の佐賀教会に勤める。
1998年 日本を離れる。先ずアメリカで後はイタリアで宣教会の仕事をする。
2013年

再び日本に来る。翌年から戸塚教会・原宿教会の主任司祭に着任。

2016年

大船教会の主任司祭に着任。


主任神父のおはなし

大船教会広報誌「おとずれ」に掲載された主任神父のお話を紹介します。

教会の「聖母の時代」

キリストご自身が教会の頭(かしら)です。世の終わりまで教会を治めて、世の終わりまで教会を導いておられます。旧約時代のイスラエル人は特に預言者を通して主に導かれました。 

続きを読む

「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です。」

百年前の今ごろ第一次世界大戦は長引いていました。化学兵器が初めて使われた、時折一日の戦いで何万人もの犠牲者を出した残酷な戦争でした。 

続きを読む

バーク神父からのメッセージ

2017年5月10日(水)、大船教会での最後の朝ミサのあとで大船教会の信徒のみなさまへのメッセージをいただきました。

続きを読む

「いつも喜んでいなさい」

神学生の時から復活徹夜祭が好きです。第一部の「光の祭儀」は特に印象的です。真っ暗な聖堂に復活のろうそく一本が運ばれて「キリストの光」が唱えられます。その後で光が点々と広がって、次第にろうそくを手に持っている皆さんの顔は、ちろちろとしている火に照らされます。そして復活の賛歌。「この夜」が繰り返される度に主のみ業が次々と思い起こされていきます。

 

続きを読む

「主と同じ姿に造り変えられていきます」

四旬節の第3、4、5主日の典礼は「生きた水を与える」「世の光である」「復活であり、命である」キリストの神秘を私たちに示して、その神秘に入るように招いています。

 

続きを読む

「心を清めて主に近づいて」

四旬節は、復活徹夜祭で洗礼を受ける入信志願者の最終準備の為に古代教会が設けた期間です。既に洗礼を受けているキリスト者は、入信志願者と心を合わせて彼らを支える為に、または自分の洗礼を思い出して自分の信仰を新たにする為に、同じような準備をします。

続きを読む

「あなたは内にあったのに、私は外にありました」

アメリカで再映画化されたことをきっかけに遠藤周作の書いた小説「沈黙」がまた注目を集めています。私は昔その本を読みましたが、特に役人が宣教師を取り調べる場面が印象に残っています。

続きを読む

「神の子となる資格を与えた」 ヨハネ1:12

一昔前、私が佐賀教会にいた時、ある教会の青年から聞いた話です。その青年は十二月に教会の前にある松の木に飾りの電気を付けていた間、通りかかっている小さい子供がその母親に話しているところを耳にしました。「お母さん、見て。教会でもクリスマスを祝っているよ。」 笑い話になりますが、やはりそれだけクリスマスは知られながらも知られていないです。

続きを読む

降るのを待つ季節

学生の時代にこのような話を読みました。第二次世界大戦の時、ある心理学者がドイツの収容所に入れられた。皆と一緒に苦しみながら心理学者の目で他の囚人を観察しました。そしたら一つの大事な気づきがありました。「また家族に会えるんだ」とか、何らかの希望を持っている人は生き延びました。希望をなくした人は、たとえその体が他の囚人よりまだ丈夫な場合でも、死んでいきました。希望を持っているかどうかは文字どおりに生死の違いでした。

続きを読む

主にいやして頂く為に、罪を告白し合い、互いの為に祈りなさい(ヤコブ5:16)

初代教会は「救われようのない人は先ずいない」というキリストの福音を力強く宣べ伝えて、皆に主なる神に立ち返って、罪を赦して頂く為にキリストを信じるように呼びかけました。キリストを信じるようになった人々は罪を告白して洗礼を受けて罪を赦して頂きました。何世紀もの間、洗礼を受けてから大きい罪を犯した場合は、ヤコブの手紙にあるような公の形で、信者は罪を告白して、司祭を通して罪を赦して頂いて、改めて共同体に迎え入れてもらいました。紀元6世紀ごろから現在の形の「告解」または「赦しの秘跡」に発展しました。

続きを読む

「この最も小さい者の一人にしたのは、私にしてくれたことなのである」 マタイ25:40

マザーテレサの列聖式は9月4日にローマで行われる予定です。聖人になる為の奇跡は何年か前にブラジルで起こったけれど、長い間ローマの列聖推進担当者に報告はなっかたです。でもそれは主の計らいだったと担当者は話しています。報告の遅れによって、慈しみを示す模範であるマザーテレサの列聖式は、慈しみの特別聖年の間に行われるようになりました。

続きを読む

マリア様、ありがとう

現在教会の主任司祭がアメリカで休みを取っているので、その代わりに私がおとずれを書かなくてはなりません。その事を聞いたときとても困りました。聖母の園老人ホームに入っていると何について書くかと悩みます。ところが突然、頭の中に光が出て、それでマリア様のご指導について、書きました。

続きを読む

「私たちに対する神の愛を知り、また信じています」その2

前回、私はこう書きました。「行いは先ではなく、恵みが先です。善い業を行なったから神に愛されているのではなく、神に愛されているから善い業を行います。キリストの道は恩返しの道です。」そして、こんな素晴らしい恵みを受け入れることに抵抗を感じる人は案外少なくないとも書きました。

続きを読む

「私たちに対する神の愛を知り、また信じています」(ヨハネ4:16)

今年は慈しみの特別聖年を祝っていますが、それは私たちの救いは恵みによるものだという事実をもっと心に留めることになればと願っています。

続きを読む

「慈しみはとこしえに」(詩篇136参照)

以前に、ある司祭の、洗礼者ヨハネとキリストの宣教の仕方についての興味深い感想を読みました。キリストご自身はその違いに触れました。

続きを読む

着任のご挨拶

初めまして。マルコです。宜しくお願いします。

 

もっと詳しく言えば原語でMark Tardiff と言います。仮名で「ターディフ マルコ」と書きます。英語のMarkという名前はよくマークと書きますが、マルコという書き方にこだわっています。せっかく聖書の名前をもらったからその名前の聖書日本語訳の書き方にしたいわけです。そして、ターディフという名字は覚えにくいと思うから普段「マルコ」と呼んでもらったらいいです。「ちびマルコ」と勘違いされたら、ちょっと困りますが。

続きを読む

ご復活おめでとうございます

ご復活おめでとうございます。

 

神様が大自然を新しくして下さる春は、恵みの多い季節です。木の葉が新鮮な緑になり、だんだん暖かくなって、散歩をすることも楽しくなります。

続きを読む

いつくしみの特別聖年(いつくしみとあわれみ)

 教皇フランシスコ様が書いた「イエス・キリスト、父の慈しみのみ顔」を読んで、感動しました。感動したところを紹介したいと思います。

 

続きを読む

御誕生祭:クリスマス

 待降節が始まりました。もうクリスマスがまもなく来ます。お店や民家がきれいに飾られて美しくなります。信者の皆様はクリスマスのことを詳しくご存知ですが、その前、つまりマリア様が住んでいたナザレを出てベトレヘムに向かって旅をすることについて考えたことがありましょうか。聖書はそれについて何も教えていません。わたしたちの想像に任せられています。それについて考えましょう。

続きを読む

ホームレス

 イエスは弟子たちを宣教の活動に送り出したとき、こう言いました。「旅のために何にも携えてはならない。杖も袋も、パンも金も持ってはならない。」(ルカ9・2)。そして、そう言ってから彼らをだれも知らない村や町へ送りました。ホ―ムレスの彼らを遣わしました。つまり、神様は彼らを見守っていることを彼らに体験させたいと望みました。弟子たちが興奮した形で帰ってきました。食べ物も、宿泊場所も用意されていたからでした。ホ―ムレスであっても困りませんでした。

続きを読む