主任司祭の紹介

マルコ・ターディフ神父

ようこそ大船教会へ

 

誰もが幸せになりたいと考えるでしょう。でも多くの人は、幸せになれるかどうかはその人の運に左右されると思っています。そして、それが人生だと思っています。

 

ですが、そう思いながらも、様々なことを問いかけます;

人生の意味とはなんですか。どう生きたらいいですか。どうしてこんなに苦しまなければならないですか。本物の愛は見つけられますか。人間は死んだらどうなりますか。

 

主なる神は人間を救うためにキリストを遣わされました。キリストはすべての人の心を照らして、問いかけに答えて、本当の幸せに導くために来られました。カトリック教会はキリストの恵みをできるだけ多くの人と分かち合おうとしています。

 

どうぞご遠慮なく教会に立ち寄って下さい。教会は昼間はいつでも開いています。ひとやすみやひと時のお祈りにどうぞ。キリスト教を学ぶ機会も用意しています。

 

経歴

マルコ・ターディフ(Mark Tardiff)

1954年 米国ミシガン州デトロイト市に生まれる。8人兄弟の三男で、にぎやかな家庭で育って今は甥と姪が26人いる。
1980年 宣教師としてカトリック司祭に叙階される。
1987年 初めて日本に来る。2年間の勉強を経て神奈川県の厚木教会、兵庫県の加古川教会、佐賀県の佐賀教会に勤める。
1998年 日本を離れる。先ずアメリカで後はイタリアで宣教会の仕事をする。
2013年

再び日本に来る。翌年から戸塚教会・原宿教会の主任司祭に着任。

2016年

大船教会の主任司祭に着任。


主任神父のおはなし

大船教会広報誌「おとずれ」に掲載された主任神父のお話を紹介します。

「死を迎える時も祈ってください」

私は司祭として何人かの人の最期に携わったことがあります。末期癌を患っている、印象的な二人に最近出会いました。死は怖くないと言った一人の方に赦しの秘跡、塗油の秘跡、そしてご聖体を授けたら「これで安心して逝けます」と言いました。同じように三つの秘跡を授けたもう一人の方は、どれほど人生を通して頂いた数々の恵みを感謝しているか、またどれほど天国を楽しみにしているかを話していました。この二人の態度に感心しました。私も死を迎える時にそのような心になれば幸いだと思います。

続きを読む

「キリストが教会に与えてくださった助け」

1862年にサレジオ会の創立者である聖ドンボスコは予言的な夢を見ました。

続きを読む

「御言葉を受け入れなさい」

先月は御聖体について書きましたが、教会の信仰において御聖体を神の御言葉から切り離すことができません。御ミサは二部からできています。

続きを読む

「天から降ってきた生きたパン」

主日のミサの聖書朗読は3年間のサイクルになっていますが、それぞれの年に一つの福音書が主に読まれています。A年はマタイ、B年はマルコ、C年はルカ。(ヨハネによる福音は主に毎年の四旬節と復活節に読まれています。)

続きを読む

「決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました」

6月20日に亡くなったバーク神父様は多くの人から慕われた司祭でした。様々な司祭がいますが、主に選ばれた司祭にはそれぞれに賜物が与えられています。私の印象ですが、バーク神父様の賜物は特にその暖かい心と明るい性格で人々を自分に引きつけてキリストに導いたことだと思います。葬式の挨拶で神父様の姪のマリタさんは彼が親族に与えた影響を次のように語りました。

続きを読む

「生かされて、恵まれて、満たされて、聖とされて」

これを読んでいる皆さんは、もっと時間がたっていますが、私はこの巻頭言を聖霊降臨祭が終わったばかりの時に書いています。今度の7月に司教様を迎えて堅信式を行いますので、聖霊についてもっと考えるいい機会だと思います。ヘルパーさんと一緒にキリスト教講座と堅信の準備講座をしていますが、やはり「聖霊がわからない」という声が多いです。

続きを読む

「永遠の春」

子供の時、春になったら「四月の雨、五月の花」という言い回しを母からよく聞きました。関東地方より寒い気候のミシガン州ではこうした春の訪れのしるしをもっと注目しました。喜んで雪で遊びましたが、寒くて日が早く沈んだから、家にいる時間が長くなりました。長い冬に続く春の訪れはある種の開放感をもたらしました。裸になった木々は芽を吹いて葉っぱを出しました。雪が溶けてもっと遅くまで自転車で走り回りました。

続きを読む

「永遠を思う心」

御復活祭をおめでとうございます。今年洗礼を受けた方も、おめでとうございます。

 

今年は御復活祭が花見の季節と重なります。暦の上ではどうなっているかを別にして、やはり薄いピンクの、微妙に美しい花を咲かせている桜の木を目にしなければ、「春が来た」と言う気持ちになりません。

続きを読む

「大船教会共同体の歩みの中の四旬節」

この間の信徒総会で今年のテーマ「ともに祈り、ともに歩もう」が紹介されて、その意味の説明もありました。主イエズスの約束もあります。

 

「はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなた方のうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、私の天の父はそれを叶えて下さる。」

(マタイ18:19)

 

 

続きを読む

「主よ、あなたの道を示して下さい。」

(出エジプト33:13参照)

大船教会に赴任してから、もう二年近くになります。この間、私は色々な場で「信仰は歩みです」と繰り返しています。これは信仰生活の大切な原理です。信仰は歩みだから、持ち物でも保存するものではないのです。信仰は歩みだから、今の自分の弱さや失敗や罪でさえ歩み続ける機会にもなります。信仰は歩みだから、ごく小さな成長があっても感謝すべきですが、とても大きな成長があっても満足すべきではないです。そして信仰は歩みだから、どこの道を通るべきかを知ることは前提です。

続きを読む

「御子によって私たちに語られました。」

神は聖書によると、悪魔は最初の人間に、自分たちが神のようになると約束して、彼らを口車に乗せて、神に逆らうようにとの説得に成功しました。しかし、人間は神のようになるどころか、恥ずかしい思いをして、恐れて惨めにも神に身を隠してしまいました。(創世記3章参照)

続きを読む

主が来られるのを待ち望んでいます

待降節の合言葉は「待ち望む」です。何を待ち望むかというと、主の来臨です。でも教会は一つの来臨だけではなく、三つの来臨を待ち望んでいます。

続きを読む

「神の武器を身に着けなさい」エフェソ6:13

人が世界の情勢を考えて怖くなるのは無理のない事です。テレビのニュースを見たら紛争の報道やら、北朝鮮の核兵器開発の報道やら、日本での犯罪報道やら、世界はどうなっていくかと心配するのは不思議ではないでしょう。そしてこんな社会的、世界的な動きの前で戸惑いや無力を感じる人は少なくないと思います。

続きを読む

ロザリオ:悪に立ち向かう平和の武器

百年前に、5月13日から10月13日までの六回にわたって、聖母マリアはポルトガルのファティマで三人の子供達の前に現れました。各出現の時にロザリオを罪人の回心と世界平和の為に唱えるように勧めただけではなく、最後の10月の出現の時に自分が「ロザリオの聖母」だと明かしました。

続きを読む

「老いる日まで、白髪になるまで」

この頃私は物忘れが増えています。頭が固くなったから、何回か叩かなければなかなか名前などが入らない感じです。でも一旦入ったら不思議な事に漏れます。固いものから漏れるはずがないのに。それで、よく忘れる人についての英語の言い回しを思い出します。

続きを読む

「力ある方が私に偉大なことをなさいました」

聖母マリアの偉大さを正しく理解する必要があります。聖母マリアは女神でも何でもないのです。キリストはまことの人間ですが、まことの人間だけではなく、まことの神でもおられます。でも聖母マリアは私たちと同じように完全に人間で、しかもキリストの恵みによって救われた方です。聖パウロがキリスト者全員について書いた言葉は、ある意味で特別に聖母マリアに当てはまります。

続きを読む

教会の「聖母の時代」

キリストご自身が教会の頭(かしら)です。世の終わりまで教会を治めて、世の終わりまで教会を導いておられます。旧約時代のイスラエル人は特に預言者を通して主に導かれました。 

続きを読む

「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です。」

百年前の今ごろ第一次世界大戦は長引いていました。化学兵器が初めて使われた、時折一日の戦いで何万人もの犠牲者を出した残酷な戦争でした。 

続きを読む

バーク神父からのメッセージ

2017年5月10日(水)、大船教会での最後の朝ミサのあとで大船教会の信徒のみなさまへのメッセージをいただきました。

続きを読む

「いつも喜んでいなさい」

神学生の時から復活徹夜祭が好きです。第一部の「光の祭儀」は特に印象的です。真っ暗な聖堂に復活のろうそく一本が運ばれて「キリストの光」が唱えられます。その後で光が点々と広がって、次第にろうそくを手に持っている皆さんの顔は、ちろちろとしている火に照らされます。そして復活の賛歌。「この夜」が繰り返される度に主のみ業が次々と思い起こされていきます。

 

続きを読む